OGMQIN0.jpg
TSC協同組合は

外国人技能実習制度を利用した人材の確保・サポートを行う非営利団体です。

私たち組合の目的

土木工事業、大工工事業、とび・土工・コンクリート工事業、鉄筋・鉄筋工事業、畜産食料品製造業、老人福祉・介護事業、農業、パン・菓子製造業、サービス業その他の事業を行う組合員が、相互扶助の精神に基きそれぞれの事業に関連した共同事業を自主的に行うことにより、その経済的地位向上を図ることを目的としています。

 

外国人採用のことなら

TSC協同組合へお任せください。

職種例:建設、介護、食品製造業、農業など

125px-Flag_of_Vietnam.svg.png
125px-Flag_of_Myanmar.svg.png
125px-Flag_of_Indonesia.svg.png
85px-Flag_of_Nepal.svg.png
 
​組合事業

【共同購買事業】
組合員の取り扱う資材及び消耗品を一括購入し、組合員に廉価で供給することにより、組合員の仕入れコストの低減及び経営の合理化に寄与する。

【外国人技能実習生の共同受入事業】

組合は、わが国で開発され培われた技術・技能・知識を開発途上国に移転を図り、当該開発途上国の経済発展を「人づくり」に寄与することを目的に技能実習計画に従って実施する。

【特定技能外国人支援事業】

特定技能所属機関として組合員が雇用する一定の専門性・技能を有する外国人材(1号特定技能外国人)に対して、職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援業務を行う。

【教育及び情報に関する事業】

​業界の市況等並びに実習実施者である組合員企業に対し、関係法令の変更、技能実習生送出国の現況、関係機関からの指示・要請事項等について適宜情報提供を行う。

【経営情報提供事業】
ベトナム等海外進出のための情報収集、市場調査、企業調査、人脈の紹介等の海外進出支援事業

【事務代行事業】
組合は、組合員のために労務の事務代行をすることにより、組合員の事務経費削減と経営の合理化に寄与する。

外国人技能実習受入事業

* 技能実習制度の趣旨

* 受入企業様のメリット

 

* 外国人技能実習生の受入方法

 

* 受け入れの流れ

* 入国後の講習について

 

* 受入対象職種

 

* 受け入れ人数

* 受入に際しての必要事項

* 受入費用

アートボード 35.png
 
新着情報
 
 

TSC協同組合は、外国人技能実習制度を利用した人材の確保・サポートを行う非営利団体です。

まずはお気軽にご相談ください。
 
電話またはメールでいつでもお問い合わせください。
TEL 03-3405-9255