在留資格「特定技能」とは

2019年4月1日より新しい在留資格「特定技能」が創設されました。
特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技術を要する業務に従事する外国人向けの在留資格です。

特定技能創設の目的

中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化しており、わが国の経済・社会基盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきているため、生産性向上や国内人材確保のための取り組みを行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において一定性の専門性・技術を有し、即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築することが求められているものです。

特定技能受入機関向けイメージ.jpg

在留資格「特定技能」に関するご質問やご相談は下記よりお気軽にお問い合わせください。

TSC協同組合は、外国人技能実習制度を利用した人材の確保・サポートを行う非営利団体です。

まずはお気軽にご相談ください。
 
電話またはメールでいつでもお問い合わせください。
TEL 03-3405-9255